燃費を計る方法について

燃費を計る方法について、最も一般的な方法を説明します。その方法は、満タン法とも呼ばれており、ガソリンスタンドでガソリンを満タンに入れて、通常通りに走行するのです。そして、次にガソリンを満タンにした時に入ったガソリンの量で走行距離を割るのです。この方法では、ガソリン1?あたりの実際の走行距離(燃料消費率)を算出することができます。また、満タン法を何回も繰り返して行い、平均値を出すことで、より信頼できる燃料消費率を割り出すことができます。犬02ガソリン1?あたりの走行距離を伸ばすためには、燃料消費率の良い自動車を購入することが一番の近道ですが、運転の仕方を工夫することでも走行距離を伸ばすことができるのです。例えば、発進するときにアクセルをふかしすぎないようにするのも一つの方法です。また、低速ギアで回転数を上げ過ぎないようにすることも有効です。さらに、車間距離を十分に取り、できるだけブレーキをかけないような運転をすると良いのです。極端に言うと、止まることなく走行ができると燃料消費率が伸びるのです。ですから、見晴らしの良い直線道路などでは、車の流れや、遠くの信号などの変化を予測をしながら走行すると良いのです。

Comments are closed.