静電気に気をつける理由

車に乗るときに必ず必要になる動作があります。
まず鍵を開けて、そこからドアの取っ手をつかんで、そして座席になります。
そのドアに触れる瞬間です。
特に冬場。冬場は空気がとても乾燥しています。
証拠として、冬になると、火事がよく起きします。火災です。
この火事は、空気が乾燥しているため、火事になりやすいということです。
というようにとても乾燥している冬ですが、
乾燥しているときに、車のドアを開けようとすと、あるいは鉄のものを触ろうと、誰かとふれたときなどに、静電気が発生します。
これはとても痛くて、苦手な方がほとんどだと思います。犬07
カーショップに行くと、これの対策グッズなどが販売されています。ですがあの道具に本当に意味があるのか、と考える人もいると思います。
あの道具はとても意味があるものなのです。この嫌な電気の原因は、体に蓄積された電気、が原因です。
冬だと特にですが、セーターなどの服を着たときにも、「バチッ」と音を立てて電気が派生しますよね。あれも体と服に電気が帯びているのでそのようなことが発生するのです。ですが、カーショップなどで販売されている対策グッズを使うことによって、体に蓄積された電気を地面に流してあげることができます。
そうすることによって、ドアを開くときなどに対策をすることができるのです。
冬によくおこるこのようなことが嫌な人は、対策グッズなどを購入してみてください。

Comments are closed.